「内子町こども環境会議」その1

2014.02.17


内子町で開かれた「内子町こども環境会議」に参加しました。

内子町長の開会あいさつのあと、

石畳小学校、御祓小学校、小田中学校の3校から

学校での取り組みについて発表がありました。

 

まずは、石畳小学校の発表です。

石畳小学校では、毎年、水車まつりが行われている麓川の清掃を行っており、

麓川ではカワゲラやサワガニなど沢山の生き物が確認できるそうです。

特に、サワガニは指標生物(水質等環境の状態を私たちに教えてくれる生物)の一種で、

とてもきれいな水にしか生息しない生物ですから、

麓川の水質がとても良いことの証明です。

児童のみなさんは、5年前から麓川の水質調査を行い、

水の浄化についても勉強しています。

DSC00685

その他の活動として、

金曜日にアルミ缶の回収、給食の牛乳パックをリサイクルするほか、

春にゴーヤを植え、緑のカーテン活動も行っているそうです。

児童のみなさんは昔たくさんあった水車を増やし、水車で発電を行うのが夢だそうです。

次回は御祓小学校の発表です。