やってみようエコ工作

ストッピー

ペットボトル本体はリサイクルされますが、ラベルやキャップはゴミとして燃やされてしまいます。

ペットボトルの分別マーク
ペットボトル×430個=CO2 3,150g

ペットボトルキャップ430個を燃やすと、二酸化炭素が3,150g出ます。

ペットボトルキャップ

スギ1本が1年間に吸収する二酸化炭素量は14kgです

340個のキャップを燃やして出る二酸化炭素を吸収するには、スギ1本で約2ヶ月と20日かかります。

ゴミとして捨ててしまうキャップをして、かわいいマグネットに生まれ変わらせましょう!
これを英語で「リユース」日本語で「再使用」といいます。
リユースすることで、ゴミを燃やすときに出る二酸化炭素を減らすことができます。

Reuse(再使用)

マグネットキャップの作り方

材料
・ペットボトルキャップ ・好きなデコパーツ ・磁石 ・マスキングテープ ・紙粘土

材料は100円ショップなどでそろえることができます。

デコパーツの例
作り方
  1. No.1

    磁石にボンドをぬってキャップに固定する。

    注意!

    ペットボトルキャップにぴったりマグネットが入らない場合があります。
    ぴったり入るキャップを使ってね。

  2. No.2

    キャップのまわりにマスキングテープをひとまきする。

  3. No.3

    キャップの内側にボンドをぬって、紙ねんどをつめる。

  4. No.4

    自由にデコレーションをする。