愛媛県地球温暖化防止活動推進センター | ECCCA(えっか)

  • 2016.03.04


    ECCCCA環境家計簿は、電気やガスなどの6項目の使用量の入力で、簡単に家計から排出される二酸化炭素の量を計算できます。

     

    「見える化」により、家庭で使用するエネルギー量を把握することで、普段の生活スタイルを見直し、環境に優しい暮らしを目指すことを目的としています。

     

    今回、冬期(平成27年10月~12月の連続する2ヶ月間)の温室効果ガス調査を実施しましたので、集計結果を掲載します。

    ------------------------

    1.参加状況について

    環境家計簿の世帯人数別での参加状況を表-1に、市町別参加状況を表-2に示す。今回の調査では、56世帯の家庭から参加があった。その内、1世帯当たりの同居者人数は6人が最大であり、同居人数が2~4人である世帯の参加が多かった。また、地域ごとでは、中予地区からの参加が最も多く、南予地区からの参加が最も少なかった。

     

    2.エネルギーの使用量について

    1人当たりの各エネルギー使用量を同居者人数・調査月にまとめた結果を表-3に、太陽光発電の売電制度を利用した家庭の内訳を図-1に示す。ガソリン、軽油を除いたエネルギーについて、調査月が遅い方が1人当たりのエネルギー使用量が増えていることが分かる。これは、気温が下がるにつれて暖房器具の使用等が増加するためだと考えられる。また、太陽光発電を利用している家庭は6世帯(10.7%)見られた。なお、軽油を使用した家庭は無かった。

     

    3.CO2排出量について

     

    環境家計簿にて調査したエネルギー使用量に表-4の排出係数を乗じて求めたCO2排出量の調査結果を 表-5に、1人当たりのCO2排出量の調査結果を図2に、各エネルギーによるCO2排出量の割合を図3に示す。電気の使用によるCO2排出量が1番多く、次いでガソリンによるCO2排出量が多いことが分かる。また、前述のとおり、調査月が遅いほどエネルギーの使用量が増加するため、CO2排出量も増加していることが分かる。そして、1人当たりのCO2排出量について、同居者人数が増加するにつれ、概ね減少していることが分かる。

    これらのことから、電気製品のこまめなスイッチオフ、公共交通機関の利用、ウォームシェアの実施等により、更なるCO2排出量の削減が見込まれる。

     

     

     

     

     

  • 2016.03.04


    当ブログでもイベント模様を掲載した、愛媛県下4イベント(愛媛の3R企業展、みんなの生活展、松野町産業祭、かわらぬ愛きくま)で実施したアンケート(統一アンケート)の結果を掲載いたします。

     

    4イベントで述べ6日間、アンケート回収数:394に対して有効回答数は合計391世帯でした。

     

     

     

     

    性別回答数は、女性が約3/4を占め、1/4が男性でした。

    世代別回答数については、「30歳代」が約40%と最も多かったです。次いで「40歳代」が約26%でした。

     

     

    表のそれぞれの項目について、使用している機器についてのみ、

    ①既に実施している

    ②これから、実施したいと思う

    ③これからも、実施するのは、難しい

    という内容で回答をしてもらいました。

     

     

    上記の表に基づき、CO2の削減効果を計算しました。

    表2の換算係数は、家庭の省エネ百科(発行:資源エネルギー庁、制作:省エネルギーセンター、2014.03)を引用しています。

     

    ※3.88E+07(原油量から発熱量を算出する際の係数)

     

    今回のアンケートを使用した普及啓発による温室効果ガスの削減量は、CO2換算で努力削減量が160,219 CO2-kg、見なし削減量が80,456 CO2-kg、合計で240,675 CO2-kgという結果になりました。

    また、削減経費に換算すると、努力削減量が9,774,110円、見なし削減量が4,796,470円、合計14,570,580円という結果になりました。

     

    また、対策別に削減量を見ると、特に対策15~17の、自動車に関する取組が、CO2削減に大きく影響をもたらすことがうかがえます。対策7の「入浴は間隔をあけずに。」も努力削減量が多かったです。

  • 2016.03.04


    1月17日に今治市菊間町池原「緑の広場」で開催された「かわらぬ愛きくま2016」に参加しました。

    掲載が遅くなって申し訳ありません。

     

    開会式の様子です。

     

     

    国体みきゃんもご来場!

     

    今回もパネル展示、エコバッグにお絵かきを行いました。

     

    今回は当センターの母団体である愛媛県浄化槽協会と、隣り合ってブースを設営しました。

    浄化槽協会では、環境クイズラリー、顕微鏡を使った微生物の観察を行いました。

     

    たくさんのご来場、ありがとうございました。

     

     

     

     

  • 2016.02.29


    県内の環境保全活動及び自然保護活動の活性化を図るため、NPO法人、ボランティア団体、市民活動団体等の非営利団体等が行う環境保全や自然保護に係る自主的な事業を広く公募し、その事業の実施に要する経費に対し、愛媛県「三浦保」愛基金を活用して予算の範囲内において助成を行います。

     

    【募集期間】
    平成28年2月18日(木)~3月31日(木)17:15(必着)

     

    【対象団体】
    県内に事務所があり、おおむね1年以上継続して環境保全又は自然保護に関する活動を行っている特定非営利活動法人、ボランティア団体、市民活動団体等の非営利団体(法人格の有無は、問わない。)です。また、学校の課外活動等で環境保全や自然保護に関する活動を行う予定のグループも対象となります。

     

    【対象事業】
    応募の対象となる事業は、次のいずれかに該当する事業であって、平成29年3月15日までに完了するものです。ただし、国、県又は市町の助成やその他の公的助成を受ける事業は、対象になりません。
    (1) 地球温暖化防止を推進する活動に関する事業
    (2) 環境学習を推進する活動に関する事業
    (3) 生活環境を保全する活動に関する事業
    (4) 自然環境を保全し、又は活用する活動に関する事業

     

    【助成金額】
    助成額は、次の補助率で算出した額とします。ただし、1団体につき125万円を限度とします。
    なお、補助対象経費は、募集要項に添付している「補助対象経費費目」のとおりです。
    (1) 補助対象経費の50万円以下の部分  補助率10/10以内
    (2) 補助対象経費の50万円を超える部分 補助率1/2以内

     

    【事業実施期間】
    補助金の交付決定の日から平成29年3月15日までの間

    【応募方法】
    所定の公募事業申込書に必要事項を記入し、関係書類を添付の上、平成28年3月31日(木)17:15まで(必着)に、県庁環境政策課 環境計画係に持参するか、郵送、メール、FAXで提出してください。

     

    【申込み・問い合わせ先】
    〒790-8570 松山市一番町四丁目4番地2
    愛媛県県民環境部環境局環境政策課環境計画係
    Tel 089-912-2346(係直通)
    Fax 089-912-2344
    E-mail kankyou@pref.ehime.jp

     

    【詳 細】
    愛媛県ホームページ>くらし・防災・環境>地域づくり>愛媛県「三浦保」愛基金を活用した事業>「公募事業」の取組み>平成28年度の助成団体を募集します!
    http://www.pref.ehime.jp/h12100/miuratamotsuaikikin/aikikinkoubo.html

     

    d50a1a60f3df9e2578e7a5546bdff021.pdf

  • 2016.02.17


    2月10日に内子町共生館にて開催された「内子町環境子ども会議」に参加しました。

    当日は全体会を行った後、分科会に分かれて体験型学習会を行いました。

     

    分科会のひとつとして、「未来の地球と私たちのくらし」というタイトルで講座を行い、内子町の小中学生13名が参加してくれました。

     

    IPCCリポートコミュニケーターとして2名の職員が出向き、パワーポイントを利用した学習で、地球温暖化の原因と、自分たちでできる取り組みを学びました。

    講義を受けた子どもたちは、熱心に耳を傾けていました。

     

    その後のマイエコバッグ作りでは、「みきゃん」のテンプレートが人気だったほか、自分で好きな絵を描く子供たちも多かったです。

     

    今回参加してもらった子どもたちには、今回の学習をきっかけに、地球温暖化問題に関心を持ってもらいたいと思いました。

     

10 / 20« 先頭...89101112...20...最後 »