活動報告

  • 2018.10.30


    松山市立西中学校の生徒(中学3年生、5名)が、授業の一環で地球温暖化に興味を持ち、当センターを訪問したいとの依頼がありましたので、環境講座『地球の話』を10月24日(水)に当センターにて開催しました。

     

    環境講座『地球の話』は、地球温暖化をテーマに、

    ①太陽と地球と気温の関係

    ②地球温暖化と私たちの暮らしの関係

    ③私たちに何ができるか?

    の3つの章に分け、クイズや実験を交えながら進めていきました。

    みんな興味を持って熱心に聞いてくれました。どうもありがとう!

    こちらも初めてのことだったので上手く伝わったか不安でしたが、最後に「自分に出来る事があると分かった」、「自分たちだけが知っているだけではなく、たくさんの人に伝えてみんなで取組んでいかないといけないと思った」など、一人ひとりから嬉しい感想が聞けました。当センターとしても良い経験になりました。

    生徒たちは、授業で地球温暖化に関する新聞を作るとのこと。とても楽しみです。良い新聞が出来るといいね!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    惑星の並び替えクイズ

    太陽から近い順に並べています。


     

     

     

     

     

     

    講義 地球はなぜ暖かいのか?

    パネルを使って解説中。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    実験 二酸化炭素は水に溶ける?

    水の入ったペットボトルに二酸化炭素を入れると……

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    水に二酸化炭素が溶けてペットボトルがへこみました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    講義 私たちにできること


     

     

     

     

     

     

     

     

    DVD上映

    1992年リオデジャネイロで行われた地球環境開発会議での12歳の少女セヴァン・カリス・スズキさんのスピーチ

     

    今後、地球温暖化に興味を持って訪問してくれる人が増えてくれたら嬉しいです。講座のご依頼等ありましたら、ぜひ、当センターまでご連絡下さい。

     

     

     

     

     

     

     

  • 2017.03.07


    2月18日(土)、2月19日(日)にアイテムえひめ小展示場にて開催された「環境モデル都市まつやま環境フェア2017」に参加しました。

     

    隣の大展示場では、まつやま農林水産まつり、まつやま食育フェスタも同時開催しており、両会場ともたくさんの来場者でにぎわっていました。

     

    ステージでは、松山市を拠点に活動している農家アイドル「愛の葉ガールズ」のパフォーマンス等も行われました。

     

    ブースでは、「うちエコ診断」、温暖化に関するパネル展示、省エネに関するアンケート、「COOL CHOICE(=賢い選択)」への賛同・アンケートなどを行いました。

    併せて、ペットボトルキャップマグネットのエコ工作体験を行いました。

     

    うちエコ診断の様子です。

    パソコンで専用ソフトを用いて、うちエコ診断士と一緒にエコ対策を考えていきます。

    2日間で26人の方に診断を受けていただきました。

     

    エコ工作体験コーナーでは、ペットボトルキャップをリユース(再利用)したマグネットづくりを行いました。自由にデコレーションをして、自分だけのオリジナルマグネットを作ります。

     

    今回はとっても力作ぞろいで驚きでした!みなさんセンスが光っていますね。

     

    たくさんのご来場、ありがとうございました。

  • 2017.02.21


    2月8日(水)に内子町共生館(五十崎自治センター)にて開催された「内子町環境子ども会議」に参加しました。

     

    「環境子ども会議」は、子ども達の環境に対する意識の向上を目的として開催されています。

    子ども達は、全体で講話を受けた後、体験型学習のメニューの中から一つを選んで参加します。

    今年は、廃食油キャンドルづくり、竹堆肥づくり、立体地球儀づくりや農産物の糖度測定などなど……10項目の体験型学習が開催されていました。

     

    「未来の地球と私たちのくらし」というタイトルで、地球温暖化の講座を行いました。

    地球温暖化が進み、今の地球がどうなっているのか、このまま対策をしないと私たちの暮らしはどうなってしまうのか、そして、地球温暖化に対して私たちに何ができるのか、などを学びました。

     

    講座後は、ペットボトルキャップのリユース体験として、キャップを再利用したマグネットの作成を行いました。

     

    熱心に取り組む子供たち。テレビ局の取材のカメラも来ていましたよ。

     

    かわいい力作がたくさんそろいましたね!

     

    また、母団体である(公社)愛媛県浄化槽協会からは「気にしてみよう、考えてみよう、水について」の環境学習講座を実施し、手作り顕微鏡の作成、微生物の観察体験を行いました。

     

    参加してもらった子供たちには、今回の講座・エコ工作体験をきっかけに、地球温暖化問題に関心を持ってもらいたいと思いました。

  • 2017.02.03


    1月15日(日)に菊間町 緑の広場にて開催された「かわらぬ愛きくま」に参加しました。

     

    当日は朝から雪もちらつき、とても寒い天気となりましたが、多くの方が足を運ばれていました。

     

    開会式の様子です。

    当センターの母団体、浄化槽協会の寺井会長も出席されました。

     

    国体応援みきゃんも来ていましたよ!

     

    ブースでは、「うちエコ診断」、温暖化に関するパネル展示、省エネに関するアンケート、「COOL CHOICE(=賢い選択)」への賛同・アンケートなどを行いました。

    併せて、ペットボトルキャップマグネットのエコ工作体験を行いました。

     

    今回は、お隣に浄化槽協会の環境クイズラリー・微生物観察のブースも出展していました。

     

    うちエコ診断の様子です。

    パソコンで専用ソフトを用いて、うちエコ診断士と一緒に家庭でできるエコ対策を考えていきます。

    今回は、22人の方に診断を受けていただきました。

     

    エコ工作体験コーナーでは、ペットボトルキャップをリユース(再利用)したマグネットづくりを行いました。自由にデコレーションをして、自分だけのオリジナルマグネットを作ります。

    熱心に取り組んでいますね。みなさん力作ぞろいでした!

     

     

    たくさんのご来場、ありがとうございました。

  • 2017.01.11


    12月4日(日)に新居浜市女性総合センター(ウイメンズプラザ)にて開催された「地球温暖化防止啓発イベント」に参加しました。

     

    愛媛大学社会共創学部の講師、李 賢映(イ・ヒョンヨン)先生により「地球温暖化と私たち」という題目で講演が行われました。

     

    講演会終了後、ホール外で温暖化についてのクイズが開催されました。

    新居浜市のゆるキャラ、まちゅりが来てくれました~。

     

    ブースでは、「うちエコ診断」、温暖化に関するパネル展示、省エネに関するアンケート、「COOL CHOICE(=賢い選択)」への賛同・アンケートなどを行いました。

    併せて、マイエコバッグのお絵かき体験を行いました。

     

    愛媛県の地球温暖化防止活動推進員の方々も、うちエコ診断士として診断を行っていただきました。

    うちエコ診断では、29人の方に診断を受けていただきました。

     

    たくさんのご来場、ありがとうございました。