月別アーカイブ: 2016年3月

  • 2016.03.10


    温室効果ガス排出実態把握のための実態調査(冷蔵庫・一般住宅の設備)を実施しましたので、集計結果を掲載します。

    項目別に、2回の記事に分けて掲載しています。

    -------------------

    【一般住宅の設備導入実態調査結果】

     

    ①地域特性の分析

    コンロの熱源の使用割合をみると、「LPガス」が38%、「電気」が40%とほぼ同程度の割合を占めました。

    次いで「都市ガス」が20%でした。

    お風呂の熱源の使用割合をみると、「電気」が49%と最も多く、次いで「LPガス」が34%、次に「都市ガス」が17%となっています。

     

     

    ②住まいの違いによる各種データの比較

    「わからない」という回答がとくに集合住宅に多く見られました。これは、賃貸マンションなどを選ぶときに、断熱設計は重視されていない。

    または情報として入手できない場合が多いのではと考えられます。

     

    また、前の設問で「配慮した」と答えた世帯を、さらに「建築年代」「配慮度合」でまとめました。2011年以降、最近家を建てた世帯は、断熱にとても配慮していることがうかがえます。

     

    建築年代の違いによるリフォーム実施割合の比較です。建築年代が古いほどリフォーム実施割合が高いと予想しましたが、今回の調査はサンプル数も少なかったためか、そのような傾向は認められませんでした。

     

    前の設問で「リフォームを実施した」と答えた世帯の中で、断熱リフォーム箇所をまとめました。 「窓」が45%ともっとも多く、次いで「壁」「屋根または天井」が27%で同程度となりました。 「床」をリフォームしている世帯はありませんでした。

    断熱窓の導入割合については、通常の複層ガラスが約24%、単板ガラスが約22%、二重窓が約16%でした。エコガラス(Low-Eガラス)の普及割合は5%未満と、最新の断熱窓の普及には、まだまだ至っていないことがうかがえます。

    また、「わからない」という回答が約35%と多く見られ、家庭の断熱・エコについて意識・知識が十分浸透していないことがうかがわれるのではないかと考えます。

     

    ③オール電化住宅の確認

    5

    オール電化契約の有無については、「契約している」が27%、「契約していない」が71%となりました。

    ④再生可能エネルギーの導入割合

    今回の調査では「太陽熱温水器」「太陽光発電」についてアンケートを行いましたが、「太陽熱温水器」を導入している世帯はありませんでした。

    「太陽光発電」については「設置している」が11%となりました。

     

    ⑤自動車について

    自動車については、「ガソリン車」が92%とほとんどをしめました。次いで「ハイブリッド車」が6%でした。

    今回の調査では「プラグインハイブリッド車」「電気自動車」「燃料電池車」を保有している世帯はありませんでした。

    また、世帯人数と保有台数の傾向については右図のとおりになりました。

    「1台」から「2台」が多く、最大「4台」保有している世帯はいずれも5人以上の世帯でした。

     

    ⑥給湯器の設備導入状況について

    給湯器の熱源タイプについては、ガス、灯油、電気がほぼ同数という結果になりました。電気タイプの給湯器については、「電気温水器」が全体の19%、「家庭用自然冷媒ヒートポンプ給湯器(エコキュート)」が全体の15%となりました。

    また、今回の調査において、ガスタイプにおける、省エネ型給湯器(エコジョーズ)、家庭用燃料電池(エネファーム)、ガスエンジン発電・給湯器(エコウィル)、灯油タイプにおける省エネ型給湯器(エコフィール)、家庭用燃料電池(エネファーム)を設置している世帯はありませんでした。

     

    ⑦暖房機器の導入割合

    暖房機器の使用燃料別の割合については、「エアコン」が69%、ついで「こたつやホットカーペット」が58%、3番目に「エアコン以外の電気暖房」となりました。暖房機器の熱源については電気が多いことがうかがえます。

     

    ⑧照明器具タイプの利用割合

    電球については「白熱電球」が41%ともっとも多く、次いで「蛍光管タイプ電球」「LED電球」が30%でほぼ同数でした。照明器具については「蛍光管タイプ」が70%と多く、「LED照明」は30%でした。

    照明機器の調査については「個数が分かりにくい」、「白熱電球・蛍光灯電球・LED電球の区別がつかない」などの意見が多くありました。

     

     

    ⑨その他

    その他、省エネ等で取り組んでいることや、今回の調査の感想については、「部屋の照明で必要ではない時には消すようにしている」、「エアコンの使用を極力控える」、「いらない場所の電気はつけない」、「コンセントはこまめに抜く」、「家を建てる際にLEDや太陽光発電を取り入れれば良かったと思っている」などの意見がありました。

     

     

  • 2016.03.10


    温室効果ガス排出実態把握のための実態調査(冷蔵庫・一般住宅の設備)を実施しましたので、集計結果を掲載します。

    項目別に、2回の記事に分けて掲載します。

    -----------------------

    【冷蔵庫の使用実態調査結果】

    〇調査時期  平成27年9月下旬

     

    ①地域特性の分析

     

    保有台数について、最大保有数は4台でした。

    また、保有割合は、1台保有は85%、2台保有は11%、3台保有は2%、4台保有は2%でした。

    2台目以降の使用目的について、2台目については、「二、三世帯用」が50%を占め、「共用」が25%でした。3台目は、「共用」が50%を占めました。

    これらのことから、世帯数や人数が増えることによって必要とする家庭が2台以上保有することが分かりました。

     

    ②消費電力について

    冷蔵庫の年間消費電力の経年変化は図のとおりになりました。緩やかではありますが、製造年数が新しいほど消費電力が少なくなっている傾向が見られます。

    また、中型よりも大型の方が、より省エネ化が進んでいることが伺われます。

     

    ③省エネ意識について

    3

    中身のつめ具合については、「6~8割」がもっとも多く、54%を占めました。次点で「3~5割」が29%、三番目に「ほぼ満杯」が13%となりました。

    設定温度については、季節によって「変えていない」家庭が80%を占めました。

    また、季節による設定温度の変更の有無と現状の設定温度についての関係では、「変えている」家庭では、設定温度を中にしている家庭が最も多く、「変えていない」家庭でも、設定温度を中にしている家庭が最も多く見られました。

    しかし、「変えていない」家庭でも、設定をECOモードにする家庭が2番目に多く、省エネを意識していることが分かります。

     

    日常的な取り組みについて、「無駄な開閉をしない」、「開けている時間を短くする」等、開閉に注意する家庭や、「ものを詰め込みすぎない」、「熱いものは冷ましてから入れる」等、冷蔵庫へ入れる際に注意する家庭が多くありました。

    しかし、「冷蔵庫カーテンの使用」、「壁から適切な距離にする」等、少し手間のかかることについては取り組んでいる家庭が少なかったです。

     

    ④買い替えについて

    使用台数の削減可能性について、2台目、3台目共に、日常生活に必要であり、使用停止は難しいという意見が多くありました。

     

    6

    購入時に重視する点について、1位3ポイント、2位2ポイント、3位1ポイントとして集計をしました。重視する点では、「冷蔵庫のサイズ」が最も多かったです。2番目に「価格」が多く、「メーカー」、「省エネであること」が3番目に多かったです。

    そして、「ノンフロンタイプであること」を意識する家庭はありませんでした。

    また、「その他」に重視する点としては、デザイン・機能・使い勝手の良さなどがありました。

     

     

     

     

     

  • 2016.03.04


    ECCCCA環境家計簿は、電気やガスなどの6項目の使用量の入力で、簡単に家計から排出される二酸化炭素の量を計算できます。

     

    「見える化」により、家庭で使用するエネルギー量を把握することで、普段の生活スタイルを見直し、環境に優しい暮らしを目指すことを目的としています。

     

    今回、冬期(平成27年10月~12月の連続する2ヶ月間)の温室効果ガス調査を実施しましたので、集計結果を掲載します。

    ------------------------

    1.参加状況について

    環境家計簿の世帯人数別での参加状況を表-1に、市町別参加状況を表-2に示す。今回の調査では、56世帯の家庭から参加があった。その内、1世帯当たりの同居者人数は6人が最大であり、同居人数が2~4人である世帯の参加が多かった。また、地域ごとでは、中予地区からの参加が最も多く、南予地区からの参加が最も少なかった。

     

    2.エネルギーの使用量について

    1人当たりの各エネルギー使用量を同居者人数・調査月にまとめた結果を表-3に、太陽光発電の売電制度を利用した家庭の内訳を図-1に示す。ガソリン、軽油を除いたエネルギーについて、調査月が遅い方が1人当たりのエネルギー使用量が増えていることが分かる。これは、気温が下がるにつれて暖房器具の使用等が増加するためだと考えられる。また、太陽光発電を利用している家庭は6世帯(10.7%)見られた。なお、軽油を使用した家庭は無かった。

     

    3.CO2排出量について

     

    環境家計簿にて調査したエネルギー使用量に表-4の排出係数を乗じて求めたCO2排出量の調査結果を 表-5に、1人当たりのCO2排出量の調査結果を図2に、各エネルギーによるCO2排出量の割合を図3に示す。電気の使用によるCO2排出量が1番多く、次いでガソリンによるCO2排出量が多いことが分かる。また、前述のとおり、調査月が遅いほどエネルギーの使用量が増加するため、CO2排出量も増加していることが分かる。そして、1人当たりのCO2排出量について、同居者人数が増加するにつれ、概ね減少していることが分かる。

    これらのことから、電気製品のこまめなスイッチオフ、公共交通機関の利用、ウォームシェアの実施等により、更なるCO2排出量の削減が見込まれる。

     

     

     

     

     

  • 2016.03.04


    当ブログでもイベント模様を掲載した、愛媛県下4イベント(愛媛の3R企業展、みんなの生活展、松野町産業祭、かわらぬ愛きくま)で実施したアンケート(統一アンケート)の結果を掲載いたします。

     

    4イベントで述べ6日間、アンケート回収数:394に対して有効回答数は合計391世帯でした。

     

     

     

     

    性別回答数は、女性が約3/4を占め、1/4が男性でした。

    世代別回答数については、「30歳代」が約40%と最も多かったです。次いで「40歳代」が約26%でした。

     

     

    表のそれぞれの項目について、使用している機器についてのみ、

    ①既に実施している

    ②これから、実施したいと思う

    ③これからも、実施するのは、難しい

    という内容で回答をしてもらいました。

     

     

    上記の表に基づき、CO2の削減効果を計算しました。

    表2の換算係数は、家庭の省エネ百科(発行:資源エネルギー庁、制作:省エネルギーセンター、2014.03)を引用しています。

     

    ※3.88E+07(原油量から発熱量を算出する際の係数)

     

    今回のアンケートを使用した普及啓発による温室効果ガスの削減量は、CO2換算で努力削減量が160,219 CO2-kg、見なし削減量が80,456 CO2-kg、合計で240,675 CO2-kgという結果になりました。

    また、削減経費に換算すると、努力削減量が9,774,110円、見なし削減量が4,796,470円、合計14,570,580円という結果になりました。

     

    また、対策別に削減量を見ると、特に対策15~17の、自動車に関する取組が、CO2削減に大きく影響をもたらすことがうかがえます。対策7の「入浴は間隔をあけずに。」も努力削減量が多かったです。

  • 2016.03.04


    1月17日に今治市菊間町池原「緑の広場」で開催された「かわらぬ愛きくま2016」に参加しました。

    掲載が遅くなって申し訳ありません。

     

    開会式の様子です。

     

     

    国体みきゃんもご来場!

     

    今回もパネル展示、エコバッグにお絵かきを行いました。

     

    今回は当センターの母団体である愛媛県浄化槽協会と、隣り合ってブースを設営しました。

    浄化槽協会では、環境クイズラリー、顕微鏡を使った微生物の観察を行いました。

     

    たくさんのご来場、ありがとうございました。