年別アーカイブ: 2015年

  • 2015.12.28


    独立行政法人環境再生保全機構より、

    平成28年度地球環境基金助成金募集があったのでお知らせします。

     

    独立行政法人環境再生保全機構では、日本国内外の環境保全活動を行う民間団体(NGO,NPO)

    に対し、助成金の交付を行っております。

    森林保全・砂漠化防止・環境教育など、環境保全に関する幅広い分野を対象としています。

    また、平成27年度より企業からの寄付を直接、環境保全活動の助成に活用する仕組みを新たに導入したところです。

     

    募集期間は平成27年12月18日(金)~平成28年度1月13日(水)(必着)となっております。

     

    募集案内のリーフレットはこちらです→「地球環境基金 リーフレット

    また、以下のHPに、詳しい募集案内等も掲載されておりますので、興味のある方はご覧ください。

     

    ◆お問い合わせは以下へお願いします◆

    独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金部地球環境基金課

    〒212-8554 神奈川県川崎市幸区大宮町1310 ミューザ川崎セントラルタワー8F

    TEL:044-520-9505

    FAX:044-520-2192

    E-mail: c-kikin@erca.go.jp

    URL:http://www.erca.go.jp/jfge

  • 2015.12.10


    経済産業省 資源エネルギー庁より、

    「省エネ性能カタログ2015年冬版」が発行されました。

    省エネカタログ2015冬表紙省エネカタログ2015冬目次

     

    このカタログは、‘家庭の省エネに関する百科事典’のようなものになっており、

    この1冊で家庭での電気製品を無駄なく使う方法、省エネ機能に優れた電気製品の選び方など、

    ほぼ全ての家庭での省エネの実践に対応できる充実した内容となっています。

     

    経済産業省のHPでダウンロードできます↓

    経済産業省 資源エネルギー庁「省エネを実践したい方へ」

    http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/general/more/

     

    冊子をご希望の方は、当センターからお送りすることもできますので、

    メールにてご連絡ください(※送料がかかる場合がございます)

    ≪問い合わせ先:kankyoukakeibo@eccca.or.jp

     

    節電、省エネが推奨されている折、このカタログを省エネ性能に優れた機器の購入などに

    役立たせてもらえればと思います。

     

  • 2015.12.04


    環境省より

    「平成27年度 地球温暖化で私たちの暮らしはどう変化するか?

    ~気候変動への「適応」について考える~」

    の開催について発表がありましたのでお知らせします。

     

    気候変動についての適応セミナーとして、基調講演・環境落語・パネルディスカッションなどを

    用いて、市民の気候変動問題に対する知識や関心を深めることを目的として開催されます。

     

    参加には申し込みが必要です。

    参加申込書(ページ下部に掲載)に必要事項を記入の上、

    下記申込先までFAXまたは電子メールでお申込みください。

     

    日 時:平成27年12月17日(木)13:00~16:00(受付開始 12:30~)

    場 所:とくぎんトモニプラザ会議室2

    徳島市徳島町城内2番地1

    定 員:60名程度 ※事前申込制(定員になり次第締め切ります)

    主 催:環境省中国四国地方環境事務所

    後 援:徳島県(予定)

    徳島県地球温暖化防止活動推進センター(予定)

     

    参加申込書とプログラムの詳細は以下よりご覧ください。

    0001 0002

  • 2015.12.04


    一般社団法人 地球温暖化防止全国ネット(略称 JNCCA)の情報誌、

    全国ネット通信 2015 秋号 vol.20が刊行されました。

    以下のリンクに掲載していますので、是非ご覧になってみてください。

    JNCCA 全国ネット通信vol.20.

  • 2015.11.20


    12月19日に高松にて、IPCCリポートコミュニケーター養成セミナーが開催されます。

    IPCCリポートコミュニケーターウェブサイトからE-ラーニングを登録・受講し、E-ラーニング合格後、養成セミナーを受講することでIPCCリポートコミュニケーターとなります。

     

    ≪養成セミナーについて≫

    日時:12月19日(土)10:00-17:00

    場所:高松センタービル

    香川県高松市寿町2-4-20

    定員:60名程度(香川県、高知県、愛媛県の合同開催となります)

     

    ☆IPCCリポートコミュニケーターとは?

    地球温暖化についての伝道者。地球温暖化に関する情報を一般国民に配信、地球温暖化への理解促進を図ることを役割とします。

    詳しくは以下のHPをご覧ください。

    https://funtoshare.env.go.jp/ipcc-report/

  • 2015.11.06


    11月1日に松野町虹の森公園にて開催された「松野町産業祭」に参加しました。

    松野町の新しい特産品の開発を競う「森の国アグリ甲子園」、生産者が直接お客さんに販売を行う「ファーマーズマーケット」などが開催されました。

     

    左が愛媛の食育応援団キャラクター、がぶりえ~る。右が国体応援バージョンのみきゃんです。

    食育ソング『ガブッといっちゃて!』に合わせて踊ります!

     

    今回もパネル展示、エコに関するアンケート、エコバッグづくりを行いました。

    ご来場、ありがとうございました。

  • 2015.10.20


    10月17日と18日に松山市大街道にて開催された「みんなの生活展2015」に参加しました。

    開会式に登場、みんなの生活展のキャラクター、ライフくんです。

     

    温暖化防止に関するパネル展示、エコに関するアンケート、エコバッグづくりなどを行いました。

     

    お子様以外にも、様々な年齢層の方々に体験していただきました。

    2日間で約390人以上の方にブースを訪れていただきました。

    ご来場、ありがとうございました。

     

  • 2015.10.12


    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    10月10日と11日にエミフルMASAKIにて開催された「愛媛の3R企業展」に参加しました。

     

    開会式の様子です。右が愛媛県のイメージアップキャラクターの「みきゃん」、

    左が愛媛県地球温暖化防止キャラクター「ストッピー」です。

     

    温暖化防止に関するパネル展示を行いました。

     

    ブースでは、エコバックづくりを行いました。

    マジックでお絵かきしたり、スタンプでデコレーションして、自分だけのエコバッグを作ります。

    お子様がお絵かきしている間に、保護者の方にはエコに関するアンケートをお願いしました。

     

    他にも、バイオディーゼル燃料の紹介など、色々なコーナーがありました。

    2日間で約350人以上の方にブースを訪れていただきました。

    ご来場、ありがとうございました。

     

  • 2015.06.29


    一般社団法人地球温暖化防止全国ネットより

    平成27年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰の募集について

    案内がありましたのでお知らせします。

     

    以下、広報文です。

     

    ~~~~ ここから ~~~~

     

    環境省では、地球温暖化対策を推進するための一環として、

    毎年、地球温暖化防止月間である12月に、

    地球温暖化防止に顕著な功績のあった個人又は団体に対し、その功績をたたえるため、

    地球温暖化防止活動環境大臣表彰を行っています。

    今年も、表彰選考に向けた募集を開始します。

     

    1.対象部門

    1)技術開発・製品化部門

    2)対策技術先進導入部門

    3)対策活動実践・普及部門

    4)環境教育活動部門

    5)国際貢献部門

     

    2.表彰の対象者(自薦、他薦を問いません)

    各部門における顕著な功績のあった個人又は団体(自治体、企業、NPO/NGO、学校等。共同実施も

    含む。以下同じ。)及び上記の活動において連携や支援を行っている個人又は団体

     

    3.募集~表彰までの日程

    応募の締切・・・・・平成27年8月5日(水)(必着)

    受賞者の決定・・・・平成27年11月下旬頃

    表彰式・・・・・・・平成27年12月上旬頃

     

    4.その他

    募集事項、過去の受賞団体等、詳しくは下記をご覧ください。

    http://www.env.go.jp/press/101114.html

    http://www.zenkoku-net.org/env_minister/

     

     

    事務局

    一般社団法人地球温暖化防止全国ネット

    http://www.zenkoku-net.org/

    〒101-0054東京都千代田区神田錦町1-12-3 第一アマイビル4階

    TEL:03-6273-7785 FAX:03-5280-8100

    Mail:daijin-hyosyo@jccca.org

     

    ~~~~ ここまで ~~~~

  • 2015.02.23


    愛媛県が地球温暖化対策の推進に関する法律第24条の規定に基づき、

    「愛媛県地球温暖化防止活動推進センター」の指定を希望する団体を公募しています。

    応募方法など、応募に関わる詳細は愛媛県のホームページをご覧ください。

    http://www.pref.ehime.jp/kankyou/k-hp/theme/ondanka/onndannkabousisennta-.html

     

    なお、当センターの概要については以下のリンクをご参照下さい。

    https://eccca.or.jp/gaiyou/index.html

  • 2015.02.20


    環境家計簿は、家庭から排出される温室効果ガスの排出量を「見える化」することにより

    ライフスタイルの見直しを促しエネルギー使用量・温室効果ガス排出量の削減が期待できます。

    愛媛県センターは、この環境家計簿の取り組みを通じて排出実態調査を行ました。

     

    環境家計簿の世帯人数別の参加状況は表1のとおりです。

    市町別参加状況は表2のとおりです。

    単身の参加者と、南予地区からの参加が極端に少なかったです。

     

                  世帯人数別参加状況

    表1 世帯人数別参加状況

     

     市町別参加状況

    表2 市町別参加状況

     

    環境家計簿のデータ集計結果は表3のとおりです。

     

    エネルギーの種類別総使用量

    表3 エネルギーの種類別総使用量

    ここで表3のエネルギー使用量に、表4のエネルギーの種類別CO₂排出係数を乗じて、

    どのエネルギーからどれくらいCO₂が排出されているかを表5にまとめました。

     

     排出係数

    表4 エネルギーの種類別CO₂排出係数

     

     

    エネルギーの種類別CO₂排出量

    表5 エネルギーの種類別CO₂排出量(㎏-CO₂)

     

    ここで、表5の結果から、

    各エネルギーを使用した時に排出されるCO₂が総排出量に占める割合を算出した結果を

    表6に示します。

     

     エネルギー別に排出されるCO₂が総排出量に占める割合

    表6 エネルギー別に排出されるCO₂が総排出量に占める割合

    CO₂の総排出量に占める割合は、電気の使用が一番高いことがわかります。

    世帯数2人以外は、次にガソリンの使用量が高いことがわかります。

    また、単身と世帯数8人以外は11月と12月を比べると

    12月の電気の使用割合が多いことがわかります。

    このことからウォームシェアの実践や電化製品のこまめなスイッチオフなど

    節電に努めることが重要だと考えられると思います。

    次に、表5の結果を基に、

    同居者数別に1人当たりのCO₂排出総量を計算した結果を表7-1と表7-2に示しました。

     

     同居者数別1人あたりCO₂排出量(11月)

    表7-1 同居者数別1人あたりCO₂排出量(11月)

     同居者数別1人あたりCO₂排出量(12月)

    表7-2 同居者数別1人あたりCO₂排出量(12月)

    同居者数4人までは1人当たりのCO₂排出量が減少していることがわかります。

    これは複数人で生活すると食事や団らんなど、一つの部屋に集まって過ごす機会が多いことから、

    暖房や照明等を共有することが多く、その結果エネルギー消費が抑えられるためと考えられます。

    逆に同居者が5人以上はまだまだ削減ポテンシャルがあると推測されます。

    家族やご近所どうしがひとつの部屋・場所に集まって過ごすウォームシェアの実践を行い、

    エネルギー消費を抑え、CO₂排出量の削減に努めたいですね。

     

  • 2015.01.16


    地球温暖化防止についてわかりやすく解説したサイト

    「地球は今どうなっているの?」 を公開いたしました。

     

    top

     

    トップページの右にありますアイコン(スクリーンショットの赤丸部分)をクリック、

    または、

    https://eccca.or.jp/what_is_earth/index.html

    上記リンクをクリックしてご覧下さい。

     

    また、愛媛県地球温暖化防止活動推進センターでは

    環境学習等でご活用頂けるよう冊子も作成いたしました。

    ご所望の方はセンターまでご連絡下さい。